『ヒステリー―精神分析の申し子』(J.=D. ナシオ)についてのすべてのヨミメモ

ヒステリー―精神分析の申し子
J.=D. ナシオ
出版社: 青土社   出版日: 1998-03-01   ページ数: 210

ヒステリー患者の身体は、実際驚くほど無感覚化され強い性の抑制(早漏、冷感症、不能、性への嫌悪)を受けた性器部分と、逆に、非常にエロス化され常に性的興奮に晒されているように見える、非—性器的な残りのすべての部分とに分けられてしまっていることで苦しんでいる。
ヒステリーの自我に特有な三つの状態
- 不満足な自我
- ヒステリー化させる自我
- 悲哀の自我
強迫神経症ー思考の中で意識的に苦しむ
恐怖症ー外界に対して意識的に苦しむ
ヒステリーー身体において意識的に苦しむ
抑圧を加工する3つの可能様式
・思考(強迫)
・外界(恐怖症)
・身体(ヒステリー)