『神を演じつづけた男―心理劇の父モレノの生涯とその時代』(ルネ・F. マリノー)についてのすべてのヨミメモ


戦後、ウィーンで演劇に熱中していく中で、人は自らの人生を芝居と見てその中で俳優になりうること、それによって自らの葛藤に気づき、解決できることもあるのではないかと感じはじめていた。