nekotool さんのヨミメモ

『ラカン―鏡像段階』(福原泰平) by nekotool


・鏡像段階由来の「自我」
 無視と誤認の機能によって人を盲目にし、想像的な自己確信の中に閉じこもる。
 自我とは自己の仮面。

ラカン―鏡像段階
福原 泰平
出版社: 講談社   出版日: 1998-02-01   ページ数: 365