nekotool さんのヨミメモ

『生き延びるためのラカン』(斎藤環) by nekotool


腐女子の享楽。関係性が性愛的なものに変化していくダイナミズムを楽しむ。そこに自らの立ち位置は必要ない。自己存在を消し去るほど享楽も大きい。他者の享楽。
「ファルス的な享楽」・・・主体の立場を定めたうえでの享楽。男性の享楽。
「他者の享楽」・・・主体の立場を完全に抹消してはじめて可能になる享楽。女性の享楽。

生き延びるためのラカン
斎藤 環
出版社: 筑摩書房   出版日: 2012-02-01   ページ数: 285