nekotool さんのヨミメモ

『生き延びるためのラカン』(斎藤環) by nekotool


一般論じゃ有効な分析になりにくい。分析のほんとうの「答え」は、必ず治療関係の中で、一回限りの個人的なものとして「発見」されなければならない。
=だからフロイトは、欲望のおおもとにセクシュアリティをもってきた。なぜなら人間の欲望の中で最も個人的なものだから。

生き延びるためのラカン
斎藤 環
出版社: 筑摩書房   出版日: 2012-02-01   ページ数: 285