nekotool さんのヨミメモ

『人はみな妄想する -ジャック・ラカンと鑑別診断の思想-』(松本卓也) by nekotool


<父の名>は、母の欲望のシニフィアンを置き換えるシニフィアンであり、その置き換えを「父性隠喩 metaphore paternelle」と呼ぶのであった。この父性隠喩は、主体の想像界の中にファルスの意味作用、ファリックな意味作用を呼び起こす。症状や夢や言い間違いといった無意識の形成物は、すべて性的な意味を持っている=ファリックな意味作用を持っている。