yuhr さんのヨミメモ

『身体のリアル』(押井守、最上和子) by yuhr


そうですね、表現の側面もあるというか、持たせたい気持ちはどこかにあるんですけど、というのは芸能なので、芸能者というのは自分の身をさらして人に見てもらうという側面もあるじゃないですか。そういうものとしての側面はやっぱり欲しいなというのはあるんだけど、ほかの絵を描くとか音楽をやるとかいうのと同じにはやっぱり考えられないというのがあって、結構ここにたどり着くまでにすごい苦労したんですよ。というのは身体表現をやっている人って舞台が前提なんですよ。公演をやるというのが前提。公演のために稽古をする。今度こういう作品を作って舞台にかけるから、こういう稽古をするとか、お客さんが来て見てということがセットになってて普段の稽古をする。でも舞踏をやっていくと順番が逆だなというふうにだんだん思うようになっていって、最初に公演ありきじゃなくて最初に身体ありきで。最初に身体ありきの部分が武道にちょっと似てる。発表しようがしまいが、武道の人って死ぬまでお稽古するじゃない。

身体のリアル
押井 守、最上 和子
出版社: KADOKAWA   出版日: 2017-10-04   ページ数: 352