yuhr さんのヨミメモ

『喜劇の手法 笑いのしくみを探る』(喜志哲雄) by yuhr


やがて、人物たちは——少なくとも一部の人物は——自分には隠された過去があったこと、自分自身の存在についても未知の部分があったことを悟る。このことは畏怖の念を誘うにちがいない。そして、これが肝腎の点なのだが、この感覚は、作品を支配している不条理な滑稽感と裏腹になっているのである。

喜劇の手法 笑いのしくみを探る
喜志 哲雄
出版社: 集英社   出版日: 2006-02-01   ページ数: 221