yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


個人の主体性より集団の統括的な意思を重視し、優先させる構造
結婚式とそれに続く披露宴には、必ず「〇〇家 ××家 御成婚式 御披露宴会場」と墨書された看板と「〇〇家御控室」「××家御控室」などという表示があらわれるが、これなどは、人びとがあいかわらず封建的な家の観念からろくに脱却していない現実を反映している。結婚する当事者の名前はどこにも表示されないし、新郎新婦に共通の友人たちは、いずれかいっぽうの家から招かれた客として迎えられ、なかば強制的に席次を位置づけられている。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258