yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


愛しあう男女が比翼紋をほどこした夜具のなかで睦みあい、死後も比翼墓に入る習慣があるいっぽうで、女性たちは、このように、生家、いや、なつかしい母親のもとに、いつまでも寄り添っていようとする。どこかで、かたくなに男性を排除して、母娘のあいだに特有な、ぬくぬくとしたふれあいを求めている部分がある。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258