yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


紋章の有無にかかわらず、故人が着用していた、まさにそのことによって肌のぬくもりがこもっていると感じられる着物は、人が袖に手をとおした時点で「ツバをつけた」と同じ効果が生じていたのであろう。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258