yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


編み、結い、組む、あるいは結ぶというそれらの行為は、髪を結う女性たちの本能的なセンスとも関係があるだろう。そうすることによって、強固に固定され、形態が安定することを知ったということでもある。不安定なもの、たとえば、魂をしっかりと体内に固定するためには、結ぶという行為が有効であると感得されたのだった。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258