yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


しかし、紋章がいわゆる家紋として意識され、集団の標識として重要な機能をひたすようになったのは、武家の台頭と時期をほぼ同じくしている。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258