yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


家によってはいくつも家紋を持っていて、唯一正式の家紋を表紋、または定紋、正紋と呼び、そのほかを略式、あるいは、私的な家紋として裏紋、替紋、副紋などと呼んで使いわけていた。
しかし、母親ゆずりの女紋はそうではない。これは、あきらかに婚入した女性の生家を経由して女性の系譜をたどっている。しかも、女性が父方・夫方の紋章を使うことはないと説明されているのである。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258