yuhr さんのヨミメモ

『おんな紋―血縁のフォークロア』(近藤雅樹) by yuhr


女紋伝承のある部分には、男性排除の思想がひそんでいる。とくに、母系の紋章を伝えている女性たちのあいだには、彼女たちだけの世界がかたちづくられていて、男性が余計な介入をしてもらっては困るという意識があったのである。
母系紋を伝えている女性にかぎってみるなら、自分も母親ゆずりの女紋を使うのだということが、かなり早くから自覚されている。また、彼女たちは、概して、自身が受け継ぐ女紋に対して誇りを持っている。

おんな紋―血縁のフォークロア
近藤 雅樹
出版社: 河出書房新社   出版日: 1995-01-01   ページ数: 258