yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


女性的なものが概念のかたちで表現しうると主張すれば、またもや《男性的》表象体系にとらわれるままになります。この表象体系の中では、女性たちは、(男性)主体 の 自己愛に奉仕する意味体制の中には、められてしまいます。
女性理論を練り上げるには、男性たちで足りると私は思います。
あるいは、無意識という名で機能しているもののある部分は、《女性的なもの》に由来するのではないか。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306