yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


これは《女性の側で》問題が解決されはじめたことを意味するでしょうか。私は全く別の問題だと思います。なぜなら、たったそれだけのことで、問題が女性の側でも解決し始めるなら、それは、《他者》である女性というものが、今後とも決して存在しないことを意味するでしょうから。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306