yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


恍惚(脱我)
この連辞の場は、女性的なものと言語との関係において、女性的なものに《特性》が認められなければ生じえません。このことは、言説の一貫性が課す論理ではない他の《論理》を伴います。
たとえば、この《論理》は、言説のあらゆる閉鎖性と円環性を——原理と目的のあらゆる形成を——拒むでしょう。それは《固有》よりはむしろ《近さ》を、ただし、哲学的伝統の空間-時間的体制の中に、(再び)とらわれないような《近さ》を特権化するでしょう。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306