yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


欲望の次元、快感の次元は、意味を述べようとする言説の《生真面目さ》——妥当性、一義性、真理……——の中では、翻訳できない、表象できない、読み取れないことを忘れてはなりません。
そうではなく、真理を述べることは、女性の快楽の禁止に、したがって性関係の禁止になってしまうと言っているのです。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306