yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


ふたつの記号、ふたつの商品、ふたりの女の交換価値は、消費-交換主体の欲求-欲望の表象である。価値はそれら自身にとって何ら《固有》ではない。極端な場合には、商品は——さらに商品間の関係は——、男同士の関係への欲望の物質的アリバイに過ぎない。そのために、商品は自己の身体の所有権を剥奪され、男同士の交換にふさわしい形態を着せられることになる。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306