yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


女から母への——儀礼化された——移行は、処女膜(婚姻)という外皮への侵犯によって実現される。この移行は、かつては、処女性というタブーの中でなされた。処女でなくなった女は、使用価値へと、また私有財産となっていく買収へと追いやられるだろう。男同士の交換から免れて。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306