yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


――商品が自己を映す鏡を所有しないのと同じく、女は、男のための男の反映、像として役立つが、自ら固有の性質をもたない。女の価値ある形態は、結局は、男が自分の物質つまり女の身体の中に、あるいは上に、印したものとなってしまう。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306