yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


この女の肉体と快楽は、誰に対して見せるべく差し出されているか。男の性器は誰のために表象されているか。悪徳教師の言葉と作業は、結局もう一人の男に向けられているのではないか。少なくとも二人はいるこれら男たちの間には関係が成立し、若い無知な女は社会の規定通りにその仲介となる。シーンが男たちの間で演じられるだけ、ますます女は前景にいることになる。このような体制において、女の快楽の役割は何なのか。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306