yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


こうしたオルガスムは、男の精力の証明として必要なだけだ。
うぶな女たちは、まさに、男の勃起への、暴力的貫通への、繰り返し行われる傷害へのおめでたい渇望のために存在し、一方、性に通じた女たちは、男根主義者として語り、行動する。彼女たちは、強い男として、自分より弱いものを誘惑し、やり、射精し、なぐり、あまつさえ殺してしまう。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306