yuhr さんのヨミメモ

『ひとつではない女の性』(リュス イリガライ) by yuhr


それに、セクシュアリティ発達を証明するためにフロイトが持ち出す解剖学的根拠は、ほとんどすべて、生殖を目的とするものに関わっています。性機能と生殖機能とを分離することが可能だとしたら、——これは明らかにフロイトがあまり考えなかった仮説ですが――、そうなると、一体、何が起こるでしょうか。

ひとつではない女の性
リュス イリガライ
出版社: 勁草書房   出版日: 1987-11-01   ページ数: 306