yuhr さんのヨミメモ

『大人のためのメディア論講義』(石田英敬) by yuhr

大人のためのメディア論講義
石田 英敬
出版社: 筑摩書房   出版日: 2016-01-06   ページ数: 254

人間は機械の文字を読み書きすることができないが、その認知のギャップこそが人間の知覚を総合し、人間の意識をつくりだす。私たちはこの「技術的無意識の時代」において見えないものを見て、意識の成立以前に聞こえるものを聞いて生活している。日々の生活の中で最新のテクノロジーによるメディアを駆使していながら、「亡霊」のようなものに取り囲まれて生活している。そうしたパラドクシカルな文明を生きている。
たとえばいま居る場所が分からないという場合、歩き回って経験的に街を探索したりするのではなく、「ここはグーグル・アースに登録されているはずだ」ということで検索する。データと世界が同値なのであれば、検索するほうが手っ取り早い。そうするとすべて探索して探すことになり、リアルな世界との接触がだんだん希薄になっていきます。つまり、リアルな外の世界を喪失していくということです。