yuhr さんのヨミメモ

『あるヒステリー分析の断片―ドーラの症例』(ジークムント フロイト) by yuhr


医師が、いわば抑圧の第一段階にある想い出に出会うこともよくある。すなわち、それらの想い出は、疑惑が付着した状態で現れてくるのである。少し時が経つと、この疑惑は、忘却や誤った想い出に置き換えられる。
経験から得られた法則が教えるところでは、疑惑をともなった話し方がなされる場合、語り手によるこうした判断の表明は完全に無視すればよい。話し方に揺れがあって二つのことが言われるときには、最初の発言が正しく、二番目の発言は抑圧の産物と考えるべきである。
病歴に関する想い出が今述べたような状態にあるということと、疾病症状のあいだには、必然的で、理論的に要請される相関関係がある。治療が進行する過程で、患者は、自分がつねに知っていたにもかかわらず押しとどめていたこととか、それまでは思いつかなかったことを、事後的に持ち出してくる。そうすると、想起錯誤はもはや維持しえないことが判明し、想い出の隙間はふさがれるのである。それ自体として首尾が一貫し、理解可能で隙間のない病歴を概観できるようになるのは、ようやく治療の終わりごろになってからのことだ。治療の実際的な目標は、全てのありうる症状を解消し、それを意識的な想念に置き換えるという方向へと向かう。しかし、それとは別の理論的な目標として、患者のあらゆる記憶障害を癒すという課題を立てることができる。これら二つの目標は一致するものであって、一方が達成されれば、他方も成就する。同じ道が二つの目標に通じているのである。