yuhr さんのヨミメモ

『あるヒステリー分析の断片―ドーラの症例』(ジークムント フロイト) by yuhr


ある種の心的な流れにとって、症状を用いるのは好都合なのである。そしてそのことによって、症状は二次機能をもつにいたり、心的生活の中にいわば繫留されるようになる。患者を健康にしようとする者は、そのとき強い抵抗に出会って驚いてしまう。その抵抗からは、患者が病気を捨て去ろうと心底から本気で意図しているのではないことが見てとれるのである。