yuhr さんのヨミメモ

『自己と他者』(R・D・レイン) by yuhr


〈精神病者たち〉のなかには、精神分析を、彼らがほんとうに考えていることを誰かに話すのに比較的安全な場所だとみる者がいる。彼らはすすんで患者であることを演じようとし、分析者が彼らを〈治癒〉させない限り、分析者に金を払ってことば当て遊びを続けさえする。彼らは、分析者が、快方に向っているように見えない一群の人々をかかえこんでいて、それが彼にとって不利に見えるような場合には、病気がよくなってゆくふりさえ、よろこんでするのである。

自己と他者
R・D・レイン
出版社: みすず書房   出版日: 1975-09-26   ページ数: 240