yuhr さんのヨミメモ

『自己と他者』(R・D・レイン) by yuhr


彼は、自分が〈ありのままの自分自身、ただの坊や〉であるふりをしようとする。けれども、完璧にそうすることはできない。自分が〈ただの坊や〉であるふりをしようとして失敗する三歳児は、必ず障害をこうむる。両親にその余裕があれば、彼はおそらく精神分析にまわされるだろう。六十三歳の男もまたわざわいなるかな、彼が〈ただの老人〉であるふりをできないならば。
彼女は、自分は結婚していないと想像し、ついで自分は結婚していると想像する。逃避の螺旋形は、どんどん進行する。

自己と他者
R・D・レイン
出版社: みすず書房   出版日: 1975-09-26   ページ数: 240