yuhr さんのヨミメモ

『自己と他者』(R・D・レイン) by yuhr


ブレイクが、もっとも必要なのは、他者の〈欲求を満たされた顔つき〉だといったとき、彼が指摘したかったのは、もっとも欲求不満をひき起こしやすい経験の一つは、いくら快楽的ではあっても、自分のエネルギーやリビドーを完全に発散させながら、しかも、他者になんら変化を与えない状態である、ということであった。
女性の冷感症は、満足を〈与える〉という勝利のよろこびを男性に許すまいとしての拒絶であることが多い。

自己と他者
R・D・レイン
出版社: みすず書房   出版日: 1975-09-26   ページ数: 240