yuhr さんのヨミメモ

『高校生が生きやすくなるための演劇教育』(いしい みちこ、平田 オリザ、前田 司郎、水谷 八也、多田 淳之介、柴 幸男、藤田 貴大) by yuhr


できあがったところで発表してお互いに見せ合います。1作品発表するごとに、それに対する乾燥と批評を全員でします。
これを1日1作品のペースで行うのです。
本番の2週間くらい前までは、とにかく小作品を作り続けて、時間切れになる前に、作った小作品をメモしたカードを一度みんなで見直します。それらを元にして、どんな作品ができるか、という話し合いが始まります。みんなで印象に残った小作品を選んでいって、それをストーリーに紡いでいくのです。