yuhr さんのヨミメモ

『高校生が生きやすくなるための演劇教育』(いしい みちこ、平田 オリザ、前田 司郎、水谷 八也、多田 淳之介、柴 幸男、藤田 貴大) by yuhr


〈自画像〉では生徒と教師が1対1で対話をし、作品を創作していきます。そこで生徒が自分自身をどう考えているか、どう捉えているか、正直に話すことが求められます。自分に素直に向き合わないと、そのごまかしはすぐに言葉や態度や目の表情に現れます。身体は嘘をつきませんから。〈自画像〉制作での生徒との対話は真剣そのものです。しかもそれは、演劇演習室で、他の生徒が見ている前で行われるのです。そこで話されている「重い」内容を聞いて、多くの生徒から「悩んでいたのは自分だけじゃなかったんだ」という感想が出てくることも多いです。
起こっている現象だけで人を判断しない