yuhr さんのヨミメモ

『特性のない女―女であることの精神分析的素描』(アニー アンジュー) by yuhr


「形のシニフィアン」の概念は、私が女性性の特質と考えている開孔部の快楽に、理論的、臨床的説明を与えてくれる。実際、女性のアイデンティティは、その正常な構成においては、男性よりはるかに強く性器化された、皮膚外皮のさまざまな「穴」への備給を前提としている。早発性の感覚記憶が、それらに性感を付与する。鼻・口・耳・目・性器は、そこからエロスが女性のなかに侵入する穴である。この備給の力動成分が子どもに認められるが、その最初の象徴的表象は、平面における境界を示す描線(直線および円)である。