yuhr さんのヨミメモ

『声の文化と文字の文化』(ウォルター・J. オング) by yuhr


ニュー・クリティシズムは、テクスト芸術における一つひとつの作品の独立 autonomy を強調した。すでに見たように、口頭での発話と対比させて、書かれたものは、「それだけで独立した話し」と呼ばれた。口頭での発話は、けっしてそれだけで独立したものではなく、つねに非言語的な生活のなかに根づいているからである。

声の文化と文字の文化
ウォルター・J. オング
出版社: 藤原書店   出版日: 1991-10-31   ページ数: 405